<< FX的回線断裂残酷物語 第3章 休題閑話〜不遜なメール送信と"F6"キーと"F7"キー〜 | main | FX的回線断裂残酷物語 第1章 FXとの出会い >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.28 Sunday
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


FX的回線断裂残酷物語 第2章 安易な証券会社選びとビギナーズラック

〜前回の続き〜

そうして始まった証券会社選び。資料請求までおそらく1時間要したかどうかと言った感じでした。

グーグル検索の"FX 口座開設 オススメ"で表示されたページを順に10サイトほどチェックし手数料無料・スプレッドの一番狭い証券会社に即、決定!
それが例のF*A証券でした。

あれからずいぶん色々な証券会社のHPを訪問しましたがやはりコストの面ではこれ以上の条件を見た事がありません。
一応デモトレもダウンロードできたのですが、やる気満々の初心者である私はその時システムの安定度をチェックしようと言う項目など頭の中に皆無でした。

勿論、資金の保全状況等、口座開設時にはチェックするべき項目はたくさん有って然るべきですが、只々安易でした...

書類等を送付し、実際のトレード開始まで約2週間ほどでした。

最初に振り込んだ金額は50万円。(結局引き出した金額は4*万円だったので、数万円はやられてしまいましたが健闘したなと、しみじみ思います...)
お昼に振り込んで、帰宅後確認すると口座に入金済み。

2005/12/08 早速トレード。
ユーロドルのショートを0.1ロット。僅かな金額でも実際に自分のお金が増減するのは新鮮でした...
が、敢え無くストップロスで-15pips。

しかし、それからは本当に"FXって簡単!"と勘違いするような快進撃。

取引は、ユーロドルの売り買いと、ポンド円の売り、米ドル円の買いでスワップ狙いの組み合わせだけでしたが、恐ろしきビギナーズラックと言うか、時期的な幸運(ポンド円が去年の年間最高値である213円から一気に暴落し、200円割れるかも?と言われていた去年暮れ)も重なり、今となってはほとんど上手くいかないピラミディングもビシバシ成功!

「落ちだしたから売ろう」の単純な発想が良かったのでしょうか。

10日間ほどで口座残高は80万円ほどに...

しかし、この頃の私は「経済指標」なるものが毎日発表される事すら知らなかった、今では考えられ無い様な初心者だったので当然痛い目を見ます...

(次回予告)「勘違い調子乗りお猿さんの初めての大敗(米ドル円ロング 3.0ロットで-50pips -15万円)、それでも勘違いは止まらない最初で最後の口座残高100万円突破」です。

圧倒的な情報量!FX専門 外為ランキングへ

ブログ村 為替ブログランキングへ

スポンサーサイト

  • 2012.10.28 Sunday
  • -
  • 22:18
  • -

コメント
はじめまして こんにちは〜(^^)/

いつも楽しく読ませてもらってます。

ところでユロポンロングどうでしょう?
トレードまだしてないんですか?
  • パスタマシーン
  • 2006/08/17 12:42 AM
パスタマシーンさん コメントありがとうございます。

時期的なこともあり、英国テロ未遂以来為替にはノータッチです。

ユロポンロング昨日、今日と育ちましたねぇ。
おめでとうございます。
  • 2006/08/17 8:22 PM
コメントする









 
検索エンジンからのご訪問の方へ
Google、Yahoo等の検索エンジンからのご訪問の方は、コチラのカテゴリーに恐らく探している内容の記事がありますので、ご活用下さい!!

*FX取り扱い業者の評判

*FX外国為替証拠金取引に関する苦情トラブル

FXプライム[選べるHIGH・LOW]


*初心者の為のFX外国為替証拠金取引関連用語集

出会いのチャンスを上手に作る
Ads by Google
categories
links
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEOパーツ