<< ヒロセ通商(hiroseFX)とアイスランドクローナ円 | main | 北米通貨が足枷に >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.28 Sunday
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


難解な円高相場

今日は先週末から比べると誰の目から見ても円高推移。
しかし、今のレベルだと売りでも、買いでも、と言える難しい局面に。

トレンドフォローと言うのは簡単ですが、先ほどもユーロ円は上昇しそうな雰囲気はあるものの売り圧力も相当感じます。
今日は経済指標の発表も無く、NYの株価にも影響を受ける神経質な展開も予想されますので、今朝の時点で円買いポジションをとっていないと、下手したら眠れぬ夜になるかもしれません。
この辺で取りあえず底を打ちそうな気もしますが、今日は見送ります。

明日は主なものとして、ドイツの10月生産者物価指数・カナダの10月消費者物価指数と米住宅関連の10月住宅着工件数と10月建設許可件数の経済指標が発表されます。

個人的にはカナダの10月消費者物価指数でのカナダドル/米ドルの値動きに注目しています。
他のクロス円に比べると余り元気の無いカナダドル。
暴騰も暴落もありうる通貨だと思っていますので、目が離せません。(何となく暴落を狙っている輩がいそうな気がするのは私だけ?)

(現在のポジション)
無し

圧倒的な情報量!FX専門 外為ランキングへ



スポンサーサイト

  • 2012.10.28 Sunday
  • -
  • 22:18
  • -

コメント
コメントする









 
検索エンジンからのご訪問の方へ
Google、Yahoo等の検索エンジンからのご訪問の方は、コチラのカテゴリーに恐らく探している内容の記事がありますので、ご活用下さい!!

*FX取り扱い業者の評判

*FX外国為替証拠金取引に関する苦情トラブル

FXプライム[選べるHIGH・LOW]


*初心者の為のFX外国為替証拠金取引関連用語集

出会いのチャンスを上手に作る
Ads by Google
categories
links
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

SEOパーツ